黒酢の健康成分:アミノ酸

黒酢 アミノ酸

黒酢の健康成分:アミノ酸
黒酢が疲労回復に適しているのは、アミノ酸がグリコーゲンの代用として作用するためです。

クエン酸が体内で上手く利用されていても1日の運動時間が3時間を超えるような場合だとグリコーゲンが足りなくなってしまい、疲労が溜まってしまいます。

そういった疲労を和らげるには、黒酢のアミノ酸も効果があります。

私たち人間は、グリコーゲンもしくは脂肪からエネルギーを作り出しますが、グリコーゲンや脂肪が足りなくなった場合にはアミノ酸からエネルギーを作り出すことも可能なのです。

運動を行うおよそ1時間まえに飲用することで、黒酢に配合されているBCAAと呼ばれている成分がグリコーゲンと同等の働きを行うことから疲労回復に効果があるのです。

疲労を蓄積させないためには、しっかりとした睡眠時間の確保とバランスのとれた食事が重要です。

こういった生活習慣に加えて黒酢を摂取することを日課にすることで健康で疲れ知らずな身体を手に入れられます。




黒酢の健康成分

黒酢の健康成分:アミノ酸以外の有機酸
酢酸発酵によって製造される黒酢には、酸味の元になる有機酸が豊富に含まれています。


クエン酸は疲労回復成分として著名であり、健康に欠かせない栄養としての知名度も高い成分です。


クエン酸が豊富な黒酢を飲んでいれば、スポーツ中のエネルギー代謝も活発になります。


黒酢に含まれる有機酸の働きによって、疲労物質の乳酸の分解を促進できることも重要です。

血液をサラサラにさせて、動脈硬化や高血圧を改善させる働きもしてくれます。独特な酸味によって食欲も増進させて、夏バテに強い体を作るためにも有用となります。

黒酢の有機酸のおかげで、足腰も丈夫な状態で維持できます。

乳酸の分解が進行するおかげで、筋肉疲労も改善できます。

肩こりや腰痛で困っている場合においても、黒酢は良い働きをしてくれる食品です。

飲み続けることで疲れを癒やし、体にエネルギー源を供給する習慣があります。

健康のために有用なことは、古代の昔から経験的に分かっていた食品ですから、現代人にとっても欠かせません。



▲ページトップに戻る