黒酢の健康成分:糖分

黒酢を作り出すための原料は玄米なので、他の酢と比較するとアミノ酸が豊富に配合されています。
特に健康に良いとされている黒酢の効果を無駄にしないためには、飲用の仕方を意識することが大切です。
効率的に疲労回復したいという場合には、黒酢とともに糖分を摂取すると良いでしょう。
疲労を感じてしまう要因の一つとして、体内のグリコーゲンが減ってしまっているということが挙げられます。
そのため、減ってしまっているグリコーゲンを補充してあげることで疲労の回復になります。
グリコーゲンの原料とされている糖は、黒酢と一緒に摂取することにより再補充効果が増加します。
こういった働きから黒酢は糖分と一緒に摂取することが効果的と言えるのです。
しかし、はちみつが配合されている商品などの場合はおよそ10倍に薄めて飲用することを心がけなければ糖分の過剰摂取となってしまいますので、注意が必要と言えます。
また、身体を冷えやすくするので常温で飲むことも大切です。


黒酢の健康成分:水分
健康に良いといわれる黒酢は米と麹、水を壺の中に入れて、太陽熱だけで自然発酵、時間をかけて醸造した酢のことです。黒くなることから黒酢と呼ばれるようになりました。クエン酸、アミノ酸などの成分が含まれていることから血圧の低下や疲労回復などに効果が高い、美容ケア、肌のツヤ、ハリなどを改善するといわれています。
黒酢の主な成分は、アミノ酸、アミノ酸以外の有機酸、酢酸、糖分、水分です。ダイエットに良いといわれているのは、食事制限を行うことで不足しがちなミネラル類やアミノ酸を補給できるからです。アミノ酸などの健康成分を含んだ水分をとることで栄養不足を補い、便秘の解消を通して体にたまった老廃物をしっかり排出することにつながるため、むくみの解消や予防にもなります。
またアミノ酸をたっぷり含んだ黒酢は血液をさらさらにする効果が一般の酢より高く、動脈硬化や脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞などの生活習慣病を予防し、血流を良くすることで疲労回復、冷え症改善、脂肪燃焼にも一役かっています。



▲ページトップに戻る